ドラムが生み出すもの=ビート|ノアミュージックスクールのドラム教室

.
ドラムが生み出すもの=ビート

まずは気軽に体験レッスン

体験レッスンは1,000円(税別)楽器がなくても大丈夫♪ 体験レッスンのご案内

ベースがグルーヴを生み出すように、ドラムはリズムを刻み、ビートを生み出す。西洋音楽において音楽の三要素とは旋律(メロディ)、和声(ハーモニー)、律動(リズム)だが、現代ポピュラー音楽では、このうちの拍子(リズム)・リズム感を強調して奏で、ビートと称してその躍動感・味わいを楽しむ。音楽でビート感を楽しむ流れは、黒人の音楽から来ているとされている。 ビートには様々な種類があり、各々の楽曲も様々なスタイルを取り込んでいて一様ではないが、主に以下のように分けられる。

  • 2ビート

    2ビート(ツービート)とは、2分音符、または2拍子を基本単位としたビート。行進曲、ラグタイム(四分の二拍子)、カントリー、ブルースなど幅広く使われている。

  • 4ビート

    4ビート(フォービート)とは、4分の4拍子で4分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。4ビートジャズ、カントリーなど。4分音符を分けた3連符がリズムとノリの基本に流れている。ベースとなる音の数は少なく、センスで音を打っていく。楽譜の記述上、トップシンバルまたはクローズドハイハットの演奏の2拍目と4拍目に8分の付点音符と16分音符を記述することが多いが、実際の音は3連符の真ん中を抜いたものである。

  • 8ビート

    8ビート(エイトビート)とは、4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持ち、ロックをはじめ、多くの現代ポピュラー音楽で使われているスタイル。

  • 16ビート

    16ビートとは、4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。ジャズとロックが融合して、1960年代後半に生まれたとされる。フュージョンのスタイル。ベースとなる音の数が多いので、ドラムスの演奏では難易度は高い。

  • ドラムの歴史
  • ドラムが生み出すもの=ビート
  • 歴史に残る名演奏をしたドラマーたち
.
スタジオノア